Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars
カテゴリ
全体
kaorita
Ichico
未分類
以前の記事
りんく
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009/04/18-04/25
こんにちは、一子です。
今週はVaavu,ミーム環礁に行ってきました。
お天気も良くて、海はべたなぎ! 先週の風がウソのようでした。

2日目のエンブドゥエクスプレスでは水中でハシナガイルカが登場!!!!!
水中でものすごい勢いでキューキュー鳴いていました。

3日目、Vaavu環礁に行くと流れはほとんどなかったのが残念でしたが、Fotteyoは相変わらずソフトコーラルが咲き乱れていてほんとに綺麗でした! レア物もいっぱい! インデイアンバタフライフィッシュ(下写真)、Two-spot、コウリン亜種などなど。
c0183713_22155096.jpg

Two-spot バスレットのいたところが深かったのでなかなか写真に収めるのが難しい~。 次回はTwo-spot狙いチームを編成するという案も出ております。

そして4日目、期待のミーム環礁のMuli Kandu。
やはり流れていなかったのでアケボノ、ハダカハ(白)などを見つけました。
大物はでなかったか~と諦めてトップリーフで小物探しが始まっていたその時!
なななんと! カジキ2匹がものすごい速さで登場!!!
3mくらいのバショウカジキでした~(^-^)!!!!!!!!!!!!

このバショウで勢い付いたのか、この日は2本目でうっかりマンタに遭遇。
そして3本目のMedhu Kanduではなんと3mもあるトンガリサカタザメ!!!
私たちの方へゆうゆうと泳いで来てくれたため、ばっちりゲストの写真に収まってくれました!(下写真)
かっこよかったですよ~
c0183713_22173913.jpg

photo by 弓子さん
[PR]

by maldivianstars | 2009-04-26 22:18
2009/04/11-04/18
こんにちは、一子です。
今週は風が強く、ひさびさに船も揺れました。
もう海もなんだか雨季に入ったような様子がぷんぷん。
魚影も濃くて小魚たちがうんと増えました。
特にフィッシュヘッド、マヤティラはキビナゴやタカサゴ系の幼魚がたっぷり。
北マーレ、南マーレは透明度はそこそこよかったんですが、アリ環礁の方はにごってましたね。

ジンベエエリアも風が強く、あまりよくないコンディション。
それでもあっさりジンベエを見つけて、ディンギーですぐにジンベエを追いかけたのですが、ここでジンベエを見失ってしまいました。
もう沈んでしまったと諦めモードに入って、母船に戻ろうとしたその時!!
なんとディンギーの前方にジンベエがふたたび出現! 大慌てでエントリー。
4mくらいのとっても綺麗なジンベエとゆっくり泳ぐことが出来ました~。
c0183713_1429066.jpg

ひさびさにナイトに行ってきたんですが、ちょっと珍しいものをカオリータが発見。
30cmもあるゼニガタフシエラガイです。一見ちょとしたミニクッションくらいの大きさでした。
c0183713_1435080.jpg

それとシビレエイの仲間。フライパンみたいな形をしています。
珍しいものと言えば最近、タツノハトコを見つけました。イトコじゃなくてハトコです!
ハトコはイトコよりも体調が短いらしい。
c0183713_1449227.jpg

all photo by 弓子さん
[PR]

by maldivianstars | 2009-04-18 14:38
今後の改善策
ダイビングドーニ座礁事故につきまして、今後の改善策をお知らせします。なお、以下の改善策はMaldivian Stars のHPにも同文を掲載させていただきました。
<Maldivian Stars側>
・定期的なミーティングを開催。 ガイド教育にも力を入れていきます。
・漂流時のシグナルグッズの充実化(ミラー、ダイブアラートなど)全ガイド必携とします。
・(ゲストだけが万が一漂流した場合に備えて)フロートのあげ方を説明したマニュアルをダイビング前のご一読いただくよう船上に設置します。
・エントリー前、器材装着時にガイドによるゲストのバディチェックを欠かさないようにします。(忘れ物防止)
・エントリーからエキジットまで、ゲストとガイドが正確に意思疎通ができる距離を守り、必ずバディ一緒に行動するように徹底します。
・いかなる場合でも水中にゲストを置き去りにしません。水中と水面でゲストが離散した場合、水中のゲストのケアを優先します。
・ブリーフィング毎に、上記ルールを徹底する様お客様へインフォメーションします。
・ガイドは必ずアラート(水中でも聞こえるブザー)を携帯します。
・水面浮上時、ボートがダイバーを見失い、漂流している可能性を感じた場合、必ず全員フロートを立てるようにします。
・漂流開始後5分してもボートがダイバーを見失ったままの状態であった場合、可能であれば必ずリーフまたは陸に上陸します。
・非常時、ボートはいかなる場合もその他どんな作業よりもダイバーの救出を優先させます。
・ドーニが座礁した、またはどんな緊急の場合でも、他のチームに緊急信号で知らせ、全員浮上させます。緊急信号は今まで同様に全員が浮上するまで、タンクを叩き続けます。
・ガイド、船の設備、クルーに対するアンケートを実施し、お客様の声にもっと耳を傾けるようにいたします。
・事故を起こしたガイドは当分の間、謹慎とし、会社事務と他ガイドサポートにつきます。

<ボートオーナー側への徹底事項>
・座礁事故を起こした船長はすでに2日前に解雇され、本日、新しいドーニ船長が決定しました。遠く離れた環礁の方なので、3日以内には船に入ってもらうことが決まっています。
・以前から予定していたライトメンテナンスに入っています。この2週間で座礁により必要となった修理もすべて終わらせます。
・この間、ボートオーナー側からも全スタッフと話し合いをもってもらい、緊急時の対応、船長はツアー責任者の前井に協力し迅速な指示をだせるよう、再確認をとってもらいました。前井がダイビング中の場合に何か不測の事態が起きた場合は、水中へ緊急信号を発し、全ダイバーの回収を最優先させます。
これは、今までも当然のことと認識されていたにも関わらず、この度の事故でダイバーの回収を後回しにしてしまったことがありましたので、再確認と再要請をさせていただき、了承を得ております。・船長は前井の判断、指示どおりクルーへの指示迅速にを出します。海況等で意見、問題がある場合は すぐに前井と相談します。

2009年4月3日
Maldivian Pink Star Pte.Ltd
前井馨
[PR]

by maldivianstars | 2009-04-03 14:16 | kaorita