Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars
カテゴリ
全体
kaorita
Ichico
未分類
以前の記事
りんく
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

事故報告書
2009年3月24日、午前11時半ごろ、モルディブ共和国において催行されている、Maldivian Pinkstar.Pte.Ltd.主催のダイビングクルーズ、Atoll Cruiser号で、その日2本目のダイビングをスタートしました。
潜降開始直後、ガイドである鈴木久美子(はな)が率いるチームの一人、Aさんがダイブコンピューターを船上に忘れたことに気づき、潜降を中止し、ガイドに伝えようとしたが、ガイドにコンタクトがとれずそのまま浮上しました。その後、異常に気付いたガイドが残りのBさんとCさんに浮上合図をだし、浮上を開始しましたが、Bさんはサインを理解し、ガイドについて浮上開始、Cさんは突然のことで遅れてしまい、水中に残り他チームに合流しバディとも、ガイドとも離れてしまいました。その時Aさんは船上スタッフからダイブコンピューターを受取、再度潜降を開始しようとしたが、潮流もありチームを見失っていたので、諦めて再度浮上し、ダイビングドーニに上がりました。Cさんが浮上してこないため、ガイドはBさんとともにリーフに戻り、他チームと一緒にいたCさんと合流し、その後3人で浮上しました。その時点でダイビングボートはダイビングドーニ船長のMr.Naafizの操船ミスによりリーフの浅瀬に座礁していまいした。Aさんはダイビングドーニ船上で待機していました。3人が浮上したことを確認したので、もう一度、Aさんは再エントリーしようとしましたが、ドーニが座礁しているため、チームまで距離があり、ガイドが待機するよう指示をしたため、ドーニ上に残りました。その時、母船がドーニトラブルの連絡を受け、ダイビングドーニ近くまで来て、付属の船外付き小舟、ディンギーでドーニの救出作業にあたっていました。その時点で鈴木久美子、Bさん、Cさんの3人は水面を流れに乗って、環礁の内側へ流されていました。船のクルーは3人が水面にいるのを確認しているにもかかわらず、ディンギーも母船も3人の救出にあたりませんでした。その際、ガイドを含3人のチームはリーフに上陸せず、約30分間水面を流されました。その後、流されているので、3人は再度水中に潜降し、潮流に逆らって約42分間泳ぎ、その後浮上しました。
その42分間の間に他3チームは母船、またはディンギーによって回収されました。その後、母船から鈴木とBさん、Cさんの捜索にあたりましたが、確認できず、責任者である前井馨が母船船長のMr.Nahidに環礁の内側へ母船で捜索にいくよう、伝えたところ、ドーニが浸水しはじめているので出来ない、ディンギーが探しに行くと言われました。前井が人命救助が先決だと伝え、その後それに反する船長との間に口論が少しあり、この時点でツアーの責任者と船の全体の責任者である船長との信頼関係が崩れ、統率が乱れてしまう原因の一つになりました。その後、3人のフロートが確認され、ディンギーで救出されました。後に母船船長が「潮流がひどくて母船は水路に入れなかった」と言ったにも関わらず、その1時間後には潮流がある中、母船船長は母船をその事故現場を通り水路を抜けて、環礁の内側へと移動させました。
その後の、座礁したダイビングドーニ救出が困難を極め、ダイビングは中止されました。その時点で各ゲストの私物がダイビングドーニに残っていたのをガイドに回収するよう伝えたが、それもすべて回収しないまま、ダイビングドーニから紛失されたものがありました。ダイビングボートの救出作業は母船、ダイビングドーニの所有者であるFauna Travels,Pvt,Ltd.の代表Mr.Muhidheenとその息子であるMr.Riyazが行いました。政府からのCost Guardの指示下で翌日正午過ぎにダイビングドーニは海に戻りました。当初、代替のダイビングドーニを手配すると所有者側から聞いていたのですが、結局、その座礁したドーニの安全を確認したからと、Maldivian Stars、乗客全員で代替のボートを用意するよう求めましたが、それに対する所有者側からの対応はなく、そのドーニでダイビングを続行することになってしまいました。COST GUARDからの安全が確認されたという理由でしたが、座礁したばかりの船に未熟なスキルの船長、念のためとはいえ、浸水した海水を汲みだす大きなポンプが設置されている状態でした。
この段階で諦めて、仕方なくダイビングを再開された方もいましたが、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんの4名は残りのダイビングには当然のごとく参加されませんでした。

今回のこの事故、またその後のボートクルー、モルディビアンスターズの対応の遅さにより、乗客の皆様に多大な苦痛をおかけしたことを改めて深謝いたします。
まず、ダイビングドーニの船長の過失ですが、ドーニクルーが浅瀬に近いことを告げ離れるよう伝えたにも関わらず、ドーニ船長の未熟な判断、経験により座礁してしまったことが事実です。潮流はありましたが、風はなく、波も非常に穏やかな海況でした。この船長に関しましては、操船スキルがあまりにも未熟なため、Maldivin Starsからも再三ボート所有者側に船長の変更を申し出ていたのですが、所有者側も代替の船長が見つからず、この危うい状態でツアーを開催することを容認してしまったことは、Maldivian Starsの責任です。本来なら安全のため、ツアー自体を開催するべき状態ではありませんでした。

また、責任者である前井馨の事故直後の情報収集の未熟さにより、現状把握があまりにも遅れ、乗客の皆様へのフォローが十分にできなかったのは、私、前井馨の責任であります。

座礁後、Bさん、Cさんとともに漂流したガイド、鈴木は漂流が始まった際に、全フロートをあげず、リーフにBさん、Cさんをお連れせず流されてしまい、その後、また水中に再エントリーし42分間泳いでしまったことはガイドの判断ミスであり、その責任の所在はMaldivian Starsにあります。

また、例え、24日に手配した代替えドーニに単独でのGPS設備がない状態での夜間走行が危険という理由で断られたとはいえ、25日の早朝に手配をすれば、残りの日程をダイビングに参加できたはずという事実があります。座礁したドーニが海にさえ出れば、コンプレッサーをはじめとする器材を代替えドーニに移動することが可能でした。その手配が結局所有者側よりなかったことにで、ミーム環礁まで行くツアーが直前のVattaruで引き返すこととなり、予定のツアー航路から全く外れたツアーとなってしまいました。ダイビングも最大で7本のダイビングを提供させていただくことができませんでした。

最大の要因は3人のダイバーが流されている状態をドーニのスタッフは確実に確認していたにも関わらず、ディンギーに救出するよう要請しなかったこと、また母船の船長は実際に母船で他チームを救出し、ドーニの座礁により母船、またはディンギーで全チームを回収しなくてはいけない、またこの事を何においても優先すべきであったにも関わらず、前井馨の意見も無視し、座礁したドーニの作業を優先してしまったという事実があります。
母船船長筆頭に全クルーの安全管理に対する認識の甘さ、判断の鈍さが最大の原因だと思われます。

上記のことは、このツアー開催中に実際に起こった事実であり、すべて責任者である私、前井馨の判断ミス、安全管理への甘さにより起きてしまいました。実際に起こりうるかもしれない、未然に防ぐことができたかもしれない状態を何もせず放置したという事に、多大な責任を痛感しております。

今件に関しましては、今後十分にスタッフと話し合いを持ち、全状況を改善していく所存です。また皆様には精神的を苦痛を与え、楽しみにされていたせっかくの休暇を台無しにしてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。すべてに関しまして、誠実に対応させていただくつもりです。本当に申し訳ございませんでした。


2009年3月27日
Maldivian Pinkstar Pte.Ltd.
Tour and Sales Manager
前井 馨
[PR]

by maldivianstars | 2009-03-28 13:34 | kaorita
お詫び
はな(鈴木久美子)です。
今週はミーム・フェリドゥ環礁ツアーの予定でした。
ところが3月24日火曜日の2本目のダイビングをしたフェリドゥ環礁とミーム環礁の間にあるワッタルでのドーニの座礁によりミーム環礁まで渡ることができず、またドーニの座礁している間、ダイビングができなかったこと、ご参加いただいた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。
詳細はカオリータ(前井馨)からの報告がありますが多少重複しつつも私、鈴木久美子からもご報告とお詫びをさせていただきます。

ドーニが座礁した際に私のチームの内の2名の方と私がドーニに向かうこともできず、約30分ほど流されました。ドーニのクルーも私たちが水面にいることは承知していたし、フロートもあげており、遠くから母船が近づいてきていたのでディンギーで迎えに来てくれることと思っていたのですが、ディンギーもドーニの水をかきだす作業などのために忙しく私たちは放置されたままでした。結局流され続けた私たちは少しでもドーニ側のほうに水中で戻れたらという私の判断で再潜降してしまったこと。その後、他のチームは母船やディンギーで拾われて私たち3人がまだ発見されずにいたので心配されていたこと。全て私、鈴木の判断ミスによって引き起こされました。
流され続けた時点でその2名のお客様にもお願いしてフロートを上げてもらい、リーフに上がって待つべきでした。
一緒に流されてしまったこの2名の方々にも、また船で私たちのことを心配してくれていた他の方々にも大変申し訳ないことをしたと反省しております。
幸いにも私たちの浮上後、すぐにディンギーが迎えに来てくれたので母船まで戻ることが出来ました。

環礁と環礁の間にある無人島で座礁したために携帯の電波が充分に届かずなかなかボートオーナーなどに連絡が思うように行かなかったことも災いし、ドーニの復旧作業にも時間がかかりました。ドーニがリーフから海に引き戻されたのは翌日になってからでした。
結局この日はダイビングをすることができずにフェリドゥ環礁の南端まで戻るのが精一杯でした。

ツアーの前半はハンマーヘッドやイルカの群れを見るなどなかなか好調なスタートだったのにドーニ座礁事件によりやむなく中断してしまいせっかくの皆様の楽しい休暇になるはずであったものが台無しになってしまったこと、残念に思っております。

漂流の件については今後二度と判断ミスを犯さないよう適切に冷静に対処するように心がけていきたいと思います。

ご迷惑をおかけした皆様本当に申し訳ございませんでした。
[PR]

by maldivianstars | 2009-03-28 13:33
久しぶりの通常ルートです。
こんにちは、こちらのブログでは「お久しぶり」のはなです。
今週は3週間ぶりの通常ルート。
さぁ、ジンベエは・・・? マンタは・・・?



(答えは10秒後)







<答え>
いました、いました。
ジンベエはあまり苦労して探すことなくすぐにボートから発見。
みんなでスノーケリングで飛び込みます。
ジンベエがすぐ真下にまで来ていて間近で見ることが出来ました!
近すぎて全身を写すことが出来なかったぁ~、というお声も。

ダイビングでは安全停止中に1名だけ見るも、残念ながら全員は見ることができませんでした。
が、その翌日の朝もしっかりとスノーケリングで見ることが出来ましたよ。

今回はマンタが大当たり!
ドンカロティラ付近ではなんと10隻のサファリボートが待機。
水中がかなり混んでしまっているのでは・・・と危惧していたものの入って見るとわずか一チームに出会っただけでした。
そして、肝心のマンタ。
もう潜降中に何枚も見えているのですよ!!
ここでは潜降している間はマンタを見ないでください、とにかく潜降・着底してください、とブリーフィングでお願いしてあるのですがみんなしっかり守って一気に潜降。岩につかまってから、さぁ、マンタショーの見学です。
次から次へと私たちの背後からやってくるマンタ、マンタ、マンタ。
着底して見ている間の私の瞬間最大マンタ枚数は14枚。
でもでも、そんなものではなかったのです。
流れにのりながらも浮上するときにカオリータが数えたのでは、なんと26枚。でももっともっと奥のほうにもいる感じでした。
去年はスカスカだったドンカロティラ、復活してきましたね~。

3週間前までいたあのオオモンカエルアンコウやニシキフウライウオは?
残念ながらニシキフウライウオはどこかに行ってしまったようですが、カエルアンコウの方は岩を大きく移動していたもののまだいてくれました。
これもジンベエを一人で見たYちゃんが見つけてくれたのでした。
目がいいなぁ、Yちゃん。
c0183713_19202047.jpg

photo by コンドー先生

来週は第2弾フェリドゥ・ミーム環礁ツアーです。
[PR]

by maldivianstars | 2009-03-20 19:21
2009/03/07-03/14
一子です。
今週はミーム環礁スペシャル!大物、流れ、透明度希望!
そしていきなり初日からカジキが出ちゃいました!
エンブドゥのチャネルで水深20mくらいにゆ~くりと泳ぐ大きな魚がどんどん近付いてくる~!
なななんとカジキ!!! それもラッキーなことに流れに逆らってゆっくりとわたしたちの頭上までやってきて、ゆっくりと水面に移動していきました。 なんだかついてるぞ!
 Vaavu環礁ではロウニンアジ200匹の群れ、ツバメウオ300匹位の群れ、ギンガメリバーなどとにかくお魚いっぱい!
そして私たちガイド陣が大好きなFotteyoでは、イルカの親子、ギンガメ大群、巨大ロウニンアジ、ナースシャーク、マダラトビエイなどなど大物三昧。
黄色のソフトコーラルも満開でうっとりしてしまいます。
ツースポットバスレット、コウリンハナダイ、レスプレンデントバスレット、インディアンバタフライなどのレア物も勢ぞろい。潜っても潜っても時間がたりな~い!
そして早朝ダイブでは狙って潜ったわけではないのですが、ハンマーヘッドさんにも会えました!
ハンマーのサイズが大きいのにはびっくり!3m以上は軽く超えていました。
すごいぞ、Fotteyo!!!!!
 ミーム環礁もツムブリの群れ、ギンガメリバーと魚影が濃く、リーフ一面に生えている緑色の海藻が草原のようなのが印象的でした。
 今回私たち全員が初めて行ったVaavuとミームの間にあるワッタル。小さくてかわいい無人島があります。ここではマダラトビエイと一緒におよぐマンタも見れちゃいました。
 南マーレに戻って来てからはイルカ!イルカ!イルカ!
数百頭のハシナガイルカが激流の中を泳いでいました!
そしてまたまたカジキ! このカジキは3mほどありましたが、水面でボートを待っていたチームと安全停止中のチームと両方に目撃されました!私は水面で見てましたが、ド迫力でしたよ~!ああ、びっくり!!! 
次のミーム環礁スペシャルがたのしみ~(^-^)/
[PR]

by maldivianstars | 2009-03-14 14:37
北上トリップ 続編
(引き続きカオリータです!)
朝1本目はNaivaadhoo Beyruです。外洋に面した、ドロップオフを一方通行の流れに沿ってダイビング。ここはダイナミックに見えながらも、レアマクロがいっぱい。深場にはアケボノハゼ、アデウツボ、そして水深20mくらいから深場にかけては、インディアンバタフライフィッシュの幼魚がたーくさん見れます。ものすご~く大きなオーバーハングもあれば、いきなり黄色いソフトコーラルが群生していたりと・・・トップリーフにはサンゴがびっしり。水面にはマンタがプカプカ泳いでいました。
その後はハーアリフのポイントで色鮮やかなソフトコーラルの群生を見たり、サンゴの上をの~んびり潜ったり。夕方にはモルディブの超英雄(モルディブをポルトガルの支配から独立させた人)の家を訪問。ここはモルディブの中で一番古い家です。その英雄の家をキレイに保存しており、博物館のようになっています。休日にはモルディブ人が押し寄せるそう。

ここで、1週間参加の方はダイビング終了。明日金曜日に最北端の空港から国内線でマーレへ移動されます。天気がいいので、国内線上から見るモルディブはさぞかし美しいでしょう。午後3時のフライトでした。

が・・・この日から大変な事が・・・最北端の環礁にいるのに、ダイビングドーニが完全に壊れました・・・エンジントラブルです。2週間乗船の皆様は、予定では金曜日に2本、土曜日に1本潜っていただくはずが、金曜日1本、土曜日2本に変更。そのダイビングもすべて母船からのエントリー&エキジット・・・土曜日の2週目のゲストご到着までには直そうとクルーと大きな島のエンジニアが頑張ってくれたのですが、恐ろしいことにドーニは直らなかった・・・Kaoritaとクルーは目の前真っ暗です・・・お客様も当然不安顔・・・他のドーニもすっごい小さくて遅いものしか借りれそうになく、マーレから違うドーニを送ってもらうにも、遠すぎて時間がない・・・でも日曜日からはダイビングが・・・もう最悪の決断でした。皆様にご理解、ご協力を無理やりいただいて、全ダイブ母船からのダビイングとなりました。ただ、壊れたドーニをマーレまで引っ張っていくため、走行スピードも遅く、予定の航路からどんどん遅れがちに・・・ついに夜間走行もしなければ、マーレに戻れないことに・・・クルーもほぼ寝ないで頑張ってくれました。
本当に本当にご乗船いただいた皆様にはご迷惑をおかけいたしました。Kaoritaは一年間このスペシャルトリップを心待ちにし、気合満タンで臨んだつもりだったのですが、結果はこのようなことになってしまい心から深謝いたしております。本当に申し訳ございませんでした。今後はこのようなことがないよう、ボートオーナーの方ともよく話し合っていきます。今年夏から使用する船は信頼度も非常に高いボートオーナーですので、いろんな面でもっと快適に過ごしていただけると信じております。

ここで、鍵井さん秘話。土曜日の2本目のダイビング。透明度は最高でいい感じに流れていました。イエローバックの群れにまかれ気分は最高!ダイビング終了後にボートに上がると、いっちゃんとシャーミーが「○○さんがワイコン落とした!!」と叫んでいます。
Kaorita「えっ?いつ?水中?」
シャーミー「エントリーしてすぐ。下ではわからなかったけど、エントリーした時にキャプテンがすぐにGPSで場所特定してくれてる。Kaorita、探しに行こう!」
Kaorita「そやな・・・よっしゃ。10分だけやけど、ガイド全員用意して」
根が少し深く、全員あがったばかりだったので、長くは潜れないと覚悟してのエントリー。
ガイド陣、4人間隔をあけて根の上を探していました。すると・・・
「うっひゃぁ~!おいっ!」と鍵井さんの声が。
Kaoritaは「アカン、なんで兄貴の声が水中でするねん。もう上がってるのに。
kaoritaノイローゼかなぁ?やっぱりまだ兄貴にあんまり大物見せてへんからかなぁ?・・・いや、やっぱり聞こえるっ!」
まわりを見渡すと、いっちゃんがダッシュ!そして水面からスノーケリングで海底を指さしながら叫んでる鍵井さんが・・・!
ありました。ワイコン。
兄貴、ほんま凄いな!ありがとう!!
まあ鍵井さんが入る前にゲストの皆様には「まあ、俺が見つけますよ」的な自信満々な発言をされていたそうですが・・・笑。いや、ほんま、さすがです!!
c0183713_19152477.jpg

photo by Yasuaki Kagii

さて、2週目のダイビングですが、一日目はハーダールで2本潜りました。サンゴがびっしりのポイント、また魚ぐっちゃりのポイントでした。でもなんだか、先週に比べて透明度が落ちています。その後はゆっくりと移動しながらシャビヤニ環礁へ。シャビヤニでは2か所初めてのポイントに潜りました。やはりサンゴがとてもきれいで、なぜかゴシキエビが大群で色んなところで見れました。その後、夜間走行を終えてラア環礁へ。ラア環礁へ来ると、透明度もそれなりに回復してきました。ところどころでピンクサンゴが見られます。このピンクサンゴの群生を見てみたいもんだ!これからも探しますよ!モルディビアンスターズ探検隊!ラアに来ると、なんだかもっとロウニンアジやイソマグロなんかが回遊していかにもモルディブ!って感じになってきました。ラアのお気に入りのポイントは黄金色のソフトコーラルが咲き乱れています!もう少し流れてほしかったなぁ!7分咲きくらいでしたが、本当にきれいでした。その後、バア環礁へ。バアではグレイリーフシャークにマダラトビエイの編隊、イソマグロにロウニンアジと大迫力!そしてバア最後のダイビングはマダラエイにマダラトビエイ、ハダカハオコゼにフリソデエビとワイドにマクロに楽しめました。
c0183713_19164216.jpg

photo by Yasuaki Kagii
c0183713_19171695.jpg

photo by Yasuaki Kagii
c0183713_1917569.jpg

photo by Yasuaki Kagii

本日、ほとんどのお客様がダイビング終了。そして、今日は我らが兄貴のお誕生日でした。
なぜか、鍵井兄貴は「頼むから誕生日祝うとかやめてくれよ!?」っていうのをkaoritaに繰り返し言い続けるので、これはやっぱり祝わないとアカンな!と逆に張り切ってしまったkaoritaでした。
ほんまは、ダイビング終って水面で兄貴にKaoritaが「井上陽水風」でバースデーソングを歌おうと思っていたのですが、急きょ他のゲストのガイドをさせていただくことになり、この案は却下。夜、食事後にケーキでお祝い。そして、誕生日を祝ってモルディビアンスターズ誇る、スーパーマジシャン「Mr.シャーミー」のマジックショーを開催しました!兄貴、お誕生日おめでとう!!
c0183713_19184362.jpg

金曜日はマーレへ戻りながら、4人のゲストがダイビングです。
このスペシャルもあと2本で終わりです。色々トラブル続出で本当にゲストの皆様にはご迷惑をおかけいたしましたことを、改めてお詫び申し上げます。少しでも、モルディブの未知の環礁、ポイントを楽しんでいただけたことを祈ります。早急に現ボートの修理を急ぎます。また、来シーズン、今年の7月から使用するイクエーター号ではこのような事がないよう万全の体制で臨ませていただきますので、どうぞ今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

来週は南のミーム環礁までスペシャルトリップです!!
[PR]

by maldivianstars | 2009-03-06 19:18 | kaorita